人気ブログランキング | 話題のタグを見る


滋賀で活動している模型クラブ「びわこモデラーズクラブ」です。                    会合を見学希望の方は下リンク「オリオン模型」様へ連絡お願いします。


by びわこモデラーズクラブ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

11月26日 定例会
at 2022-11-27 15:47
11月12日 定例会
at 2022-11-13 19:21
10月22日 定例会
at 2022-10-22 23:46
第22回 展示会
at 2022-10-09 08:31
9月24日 定例会
at 2022-09-25 17:56

外部リンク

以前の記事

2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 05月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 11月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月

最新のコメント

明日ありと 思う心の 仇..
by evrelile1972 at 06:33
残念ながら6日は参加でき..
by maruyon0522 at 22:09

検索

画像一覧

会員のホームページ・ブログ

御機嫌如何(下村会員)
大砲鳥のまったり模型ライフ(前田会員)

6月25日 定例会

 6月最後の週末ですが、いよいよ夏が近づいてきたのか毎日暑さが厳しくなってきました。
 体調を崩さないように気をつけてまいりたいところです。

 今回の定例会では新たに1名の方が新規入会して下さいました。
 前回の定例会でも新しい会員の方が入会して下さり、どんどんとクラブが賑やかになり楽しい事です。

 さて、今回の定例会で持ち込んで頂いた作品を紹介させて頂きます。

 スズキ会員 モノグラム ファントムマスタング P-51D 1/32
6月25日 定例会_a0324637_11130061.jpg
6月25日 定例会_a0324637_11130073.jpg
 外装がクリアーパーツで構成されていて内部機構を見る事が出来るキットです。
プロペラの回転、ランディングギアの収納・展開、翼に取り付けた爆弾の投下機構など、ギミック盛りだくさんのアクションキットで発売当時大変話題になった有名なキットです。50年以上前に発売されたキットとは思えないデキです。しかしクリア部分のプラが経年劣化で黄ばんでしまっているのは残念です。

ところでこれを見ると胴体内燃料タンクの位置がよく判ります。(操縦席の後ろにある赤い四角い物がそれです。)
このタンクは満タンにするとガソリンの重さで機体の重心位置が変わってしまって操縦特性に支障が出たと言われた物で、さもありなんという場所にあるのがよくわかります。こんな事が見てわかるのもシースルーキットならではですね。
胴体下のラジエーターは埋め込み式になっていて推力を生み出したという構造もよく見られます。



 ニシノ会員 1/48 A-7 コルセアⅡ(左) F-8 クルセイダー(右) 
6月25日 定例会_a0324637_21180950.jpg
  組立中です。いずれの機体もアメリカ海軍空母艦載機として運用され、ベトナム戦争では華々しい戦果を挙げた名機との事です。

 ニシムラ会員 モンモデル マチルダⅡ ガレージキット ルクリリ
6月25日 定例会_a0324637_11194436.jpg
 以前の定例会、展示会でも持ち込んで頂いた作品です。モンモデルのウォータンクシリーズのマチルダⅡにガレージキット(ないとめあくりえいつ様)のルクリリフィギュアを合わせたものとの事です。

 ホンダ会員 ハセガワ 「エリア88」クフィルC2 サキ・ヴァシュタール 1/72
6月25日 定例会_a0324637_21080380.jpg
 漫画「エリア88」に登場するサキ・ヴァシュタール中佐の搭乗機のキットとの事です。小さいキットですが、迷彩塗装や漫画の舞台中東特有のカーキ色塗装が映えています。


 マエダ会員 タミヤ チャレンジャーⅡ イラク戦仕様 1/48
6月25日 定例会_a0324637_20570659.jpg
 組立中との事で、会場で塗装の実演を行って頂きました。
 
 
ミヤムラ会員 ハセガワ MV-22Bオスプレイ 1/48
6月25日 定例会_a0324637_11271371.jpg
 写真を見て頂けると分かりますが、プロペラが回ります。本来のキットはプロペラは回らないのですが、キット内にモーターを仕込んであるとの事です。また、配線も外から見えないように電源機構をキット内に収めてあるとの事です。仕込んであるモーターは元々この大きさのプロペラを回すようには出来ていないそうですが、逆にそのおかげで回転数は低く抑えらえて実機と同じぐらいになってリアルです。

 ミヤムラ会員 零式艦上戦闘機21型 1/72
6月25日 定例会_a0324637_20595508.jpg
プロペラが回るようにモーターをキット内に仕込んであるとの事で小さい機体の中に機構が収めてあります。

 
 今回の定例会より参加していただいたモリタ会員の作品 バンダイ HONDA XR 200R 1/12
6月25日 定例会_a0324637_11362273.jpg
 
6月25日 定例会_a0324637_11373213.jpg
 古いキット(1983年)でパッケージは赤色塗装のバイクですが、モリタ会員の青色塗装の方がカッコいいとのこだわりから青色塗装の作品に仕上げたとの事です。

 

ヤマネ会員 アシェット製 宇宙戦艦ヤマト 1/350
 
6月25日 定例会_a0324637_11411846.jpg
6月25日 定例会_a0324637_11425809.jpg
6月25日 定例会_a0324637_22580034.jpg
 写真を見れば分かりますが、とにかくデカいです。隣に置いてある600mlペットボトルが小さく見えます。全長950mmのキットとの事で各部が電飾で光る他、付属のコントローラーで波動砲の発射や主砲・副砲の回転・上下、対空機銃の動作、ロケットアンカー巻き取りなどの迫力あるサウンドのついたギミックが多数ついている豪華キットです。
この大きさで見るとヤマトのシルエットの美しさとデザインの完璧性がよく感じられます。続編が何作も作られながらも基本的デザインはずっと踏襲され続けている所以ですね。
なおマーキングはデカールではなく最初からの印刷ですから基本塗装はこのままでウェザリングをかけていく予定だそうです。



 続きましてヤマネ会員に持ち込んで頂いた物品を紹介いたします。
  第ニ次世界大戦時、ドイツ空軍戦闘機に搭載された機銃残弾計(本物)です。
6月25日 定例会_a0324637_22350795.jpg
6月25日 定例会_a0324637_22352049.jpg

残弾数が棒グラフで表示される仕組みで、当時の他国戦闘機には無い非常にユニークで確認しやすい方法です。特に戦闘中などでもパッと見て一瞬で残弾数が把握できるのは優秀ですね。流石はドイツ!

機銃1門につきこれが1個付きますので、メッサーシュミットBf-109G-2ならば7.92mm機銃 MG17が2門+20mm機関砲 MG151/20が1門の合計3門ですからこれが3個並びます。
(下実機写真の青丸部)
6月25日 定例会_a0324637_11563987.jpg
 フォッケウルフFw190では13mm機関砲 MG131 2門 + 20mm機関砲 MG151/20 2門の合計4門ですのでこれが4個並びます。
(下実機写真)

6月25日 定例会_a0324637_12145233.jpg
なお表示窓の横に「500」という数字がありますが、たぶんこれが携行弾数でしょう。となるとBf-109F-4~G-2に搭載の7.92mm機銃 MG17が1門につき携行弾数500発という資料がありますので、その辺りの機体に搭載された物という可能性が高いです。

 内部機構ですが驚きの電気式です。機銃の発射を電気信号で受取り、ソレノイドを動かしてその動きを歯車で減速し,
右側のローラーを回し残弾数を表示するという仕組みになっています。何とも凝った機構です

6月25日 定例会_a0324637_12022148.jpg

 次回の会合は7月9日を予定しています。

# by biwakomc | 2022-06-26 12:53 | 模型 | Comments(0)

6月11日定例会

6月に入って、いよいよ梅雨入りかと思われる天気です。

本日は新入会員として本田氏が初参加されました。
水口町からで遠くなかなか参加が難しいそうですが、頑張って来ていただけるとの事です。
本日の定例会は計7名の参加となりました。

まず鈴木会員の作品。
ビリケン商会製ソフビキット 1/6 半魚人
映画「CREATURE FROM THE BLACK LAGOON (大アマゾンの半魚人)」より
全高250mmほどです。

原典は1954年に製作されたアメリカのSFホラー映画で元がモノクロ作品です。さらにプロップも残っていませんので彩色に苦労されたそうです。
クリアのトップコートで濡れた感じを出していて素晴らしいです。


6月11日定例会_a0324637_23163670.jpg
次も同じく鈴木会員
アリイ製 1/48 旧ソ連 地対空ミサイル SS-12

キット自体もソ連崩壊前の物でかなり古く、今となってはレアキットです。
このシリーズには各国のミサイルがラインアップにあって興味をそそられます。
現在は素組みですが、これから完成に持っていくそうです。
6月11日定例会_a0324637_23234877.jpg


次は前回よりの新入会員 西野氏の作品。
プラッツ/NuNu 1/24 BMW M8 GTE
  2019 デイトナ24時間レース ウィナーバージョン

丁寧に作られています。

6月11日定例会_a0324637_23270228.jpg


次は久々の参加となりました松山会員

ハセガワ 1/24 三菱 ランサーGSR エボリューション III
  1996年スウェディッシュラリー ウィナーバージョン

タミヤ 1/24 プジョー206 WRC
  1999年ツール・ド・コルス仕様

制作途中ですので完成が楽しみです。
6月11日定例会_a0324637_23335886.jpg

最後は山根会員

第二次世界大戦中のアメリカ陸軍戦闘機 P-47サンダーボルトの水平儀の実物です。

右下のノブを回すとロックが外れて水平線ゲージが動きます。
中のジャイロの駆動にはエアを使う仕様になっています。(ドイツ機はモーター駆動でした)
ロック中は写真のように赤い注意喚起表示が出て、ミスが無いように配慮されています。
(ちなみに当時の日本やドイツの計器にはそういう配慮はありませんでした)
6月11日定例会_a0324637_23403150.jpg
下は実機の写真で、
赤い矢印の計器です。
6月11日定例会_a0324637_23484470.jpg

次回は6月25日の予定です。






# by biwakomc | 2022-06-12 00:19 | 模型 | Comments(0)

5月28日定例会

ここの所、5月とは思えない暑い日が続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日、定例会を開催いたしました。
7名の参加でした。

さて今日は新入会員として西野氏に参加していただきました。
なんと中学1年生との事でクラブ始まって以来の最年少です。

その持ち込んでいただきました作品です。
ファインモールド 1/72 F-4EJ ファントム です。

コックピットも細かく作られていてとても中学生とは思えない出来です。
ウェザリングの褪色表現も大人顔負けです。
5月28日定例会_a0324637_00042474.jpg
5月28日定例会_a0324637_00082734.jpg


次は鈴木会員 アニメ「もののけ姫」より
  サンと山犬・コダマのフルスクラッチジオラマです。
 以前持ち込んでいただいた作品にサンのお面を追加してバージョンアップです。
5月28日定例会_a0324637_00151708.jpg

次も鈴木会員 アニメ「鬼滅の刃」より煉獄杏寿郎 フルスクラッチです。
5月28日定例会_a0324637_00202096.jpg

次も鈴木会員 
ハゼガワ 1/24 女の子フィギュアのジオラマ 制作中です。
どんな作品になるか楽しみです。
5月28日定例会_a0324637_00215363.jpg

次は宮村会員 ハセガワ 1/48 震電 
  モーターと電池を組み込んでプロペラが回ります。
5月28日定例会_a0324637_00264827.jpg

次は前田会員  
 モンモデル 1/48 EA-18G グラウラー
 制作途中です。 こちらも完成が楽しみです。
5月28日定例会_a0324637_00474837.jpg


次は山根会員 
 アニメ「カウボーイビバップ」より
 グッドスマイルカンパニー 1/48 ソードフィッシュⅡ です。
主人公 スパイク・スピーゲル の愛機。
5月28日定例会_a0324637_00320227.jpg
劇中通り、主翼が折り畳めてランディングギアも出せます。
コックピットも取り外してドアオープンにもできます。
5月28日定例会_a0324637_00332765.jpg
ここからさらにウェザリングを追加していきたいとの事です。



最後も山根会員 
 第二次世界大戦中の有名なアメリカ陸軍戦闘機 P-51 ムスタングの操縦桿の実物です。
プラスチック製で機銃のトリガーと爆弾投下スイッチが付いています。
意外と小さいです。
5月28日定例会_a0324637_00395407.jpg
写真の赤い矢印の部分です。
5月28日定例会_a0324637_00405399.jpg

 次回は6月11日の予定です。



# by biwakomc | 2022-05-29 01:11 | 模型 | Comments(0)

5月14日定例会

5月とはいえ朝晩は冷え込む日が続いています。
寒暖差が激しい季節ですので、皆様健康にはご注意ください。

本日も定例会を開催いたしました。
持ち込まれた作品等を紹介いたします。

まず鈴木会員の バンダイ 1/35 コアファイターのジオラマです。
以前持ち込まれた作品にスチーム表現を加えてバージョンアップです。

空母のカタパルト発進シーンさながらの臨場感です。
5月14日定例会_a0324637_08143027.jpg


次は近藤会員の作品です。

フルスクラッチで茶室と居間を表現しました。
茶室の窓にはLEDが仕込んであります。
昭和風居間の小屋根には洗濯物と猫と芸が細かいです。
5月14日定例会_a0324637_08150546.jpg
5月14日定例会_a0324637_08145198.jpg
同じく近藤会員のラジコンボートです。
9V電池で動くラジコントイです。
舵は無く、2軸のスクリューの回転差で旋回する仕組みです。
5月14日定例会_a0324637_08152666.jpg

最後は山根会員の作品、
ピッグモデル社製 1/1  キングティーガーの88mm砲弾 Pzgr.39/43 L/71 です。 (なお、これは徹甲弾です。)
 第二次世界大戦中の有名なドイツ陸軍ティーガーⅡ戦車の砲弾をなんと原寸大キットにしたものです。 (今回は本物ではありません)(笑)
 ドイツ陸軍ティーガー戦車はWW2でのあらゆる連合国側戦車をアウトレンジから撃破できた最強戦車として最も有名かつ人気のある戦車です。そのティーガー戦車のバージョンアップ版だったのがティーガーⅡ(キングティーガー)戦車です。
 その搭載された88mm砲はもともと高射砲として開発された物でしたがそれをロンメル将軍が対戦車砲として使って絶大な戦果を上げ有名になり、さらにティーガー戦車ではそれを本格的に戦車砲として採用された事も有名な話です。

5月14日定例会_a0324637_08160921.jpg
1/1の原寸大ですから全長で113cmもあります。
でもポリエチレン製ですのでパーティングラインはなかなか消せず、おまけに塗装が乗らない代表格の樹脂ですから専用のプライマーを使っても不安は残るそうです。
 マーキングはデカールではなくステンシル用の台紙が付属していて、それを使ってステンシルします。ですからボケ具合がなんともリアルに仕上がります。
 しかし海外メーカーはマニアックなキットが多いですね。日本のメーカーにも見習って欲しい所。このメーカーには同じ88mm砲の榴弾バージョンやティーガーⅠの砲弾、あと現代戦車用砲弾などもラインアップにあるようです。機会があれば作ってみたいとの事。
5月14日定例会_a0324637_08162684.jpg

次の定例会は5月28日の予定です。
 


  

# by biwakomc | 2022-05-15 09:48 | 模型 | Comments(0)

4月23日定例会


春も暖かくなってコロナに注意して外出したいですね。
皆様、如何お過ごしでしょうか。

今回も定例会を開催いたしました。
会に持ち込んでいただいた作品類を紹介いたします。

まず武田会員の バンダイ 1/100 MG
        GAT-X105 エールストライクガンダム Ver.RM
        アニメ「機動戦士ガンダムSEED」より

4月23日定例会_a0324637_03532666.jpg
塗装もきれいで、カタパルトをイメージした専用スタンドもかっこいいです。


次は山根会員の キッズロジック社製 1/20 デロリアン・タイムマシン
マグネティックフローティング 
映画「バックトゥザフューチャーⅡ」より

4月23日定例会_a0324637_03545480.jpg

 完成品のトイですが 画像の通り磁力で完全に浮遊して劇中の飛行シーンを再現できます。
おまけに無線給電で電飾が光ります。
ガルウィングドアが開き、タイヤも飛行モードに組み替えできます。
4月23日定例会_a0324637_05025560.jpg
4月23日定例会_a0324637_05032513.jpg
しかも劇中登場のスケボーなども付属していて製品としてかなりの力作です。

浮遊させるにはスタンドの特定の位置にもっていかないとうまくいきませんが、
それがかなりシビアです。


次も山根会員持参 古式銃のペッパーボックスです。
4月23日定例会_a0324637_03570933.jpg
4月23日定例会_a0324637_05042168.jpg

1860年代の英国製。口径9mmでピンファイヤーカートリッジを6発装填できます。トリガーはダブルアクションのみ。

ペッパーボックスというのはリボルバーが登場する前段階の、銃身を複数本まとめた形式の連発銃で、
形が胡椒挽き器に似ているところからこう呼ばれていました。
しかし銃自体が重くなることなどからリボルバー式の発達と共に廃れました。

ところで面白いのはこれがカートリッジ式という事です。
普通、ペッパーボックス銃はマズルローダー(先込め式)なのですが、これはピン打ち式のカートリッジを使った後装式です。
珍しいです。

トリガーはフォールディング式になっていて、トリガーガードはありません。
これは当時の主流の形式でした。

南北戦争時代のジオラマを作る際には参考になるかも・・

(なお古式銃は古美術品として登録する事で所持することができます。
これも登録済みで違法所持ではありません。)


次回の定例会は5月14日の予定です。




# by biwakomc | 2022-04-24 04:32 | 模型 | Comments(0)