人気ブログランキング | 話題のタグを見る


滋賀で活動している模型クラブ「びわこモデラーズクラブ」です。                    会合を見学希望の方は下リンク「オリオン模型」様へ連絡お願いします。


by びわこモデラーズクラブ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

11月26日 定例会
at 2022-11-27 15:47
11月12日 定例会
at 2022-11-13 19:21
10月22日 定例会
at 2022-10-22 23:46
第22回 展示会
at 2022-10-09 08:31
9月24日 定例会
at 2022-09-25 17:56

外部リンク

以前の記事

2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 05月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 11月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月

最新のコメント

明日ありと 思う心の 仇..
by evrelile1972 at 06:33
残念ながら6日は参加でき..
by maruyon0522 at 22:09

検索

画像一覧

会員のホームページ・ブログ

御機嫌如何(下村会員)
大砲鳥のまったり模型ライフ(前田会員)

9月10日 定例会

9月に入ってようやく夜間少しは涼しくなってきましたが、まだまだ昼間は暑い日が続いてます。コロナもまだ収束していませんので注意しての開催でした。
今回は7名の参加がありました。

まずは前田会員の作品です。
海自護衛艦「かが」改Ⅱ と エースコンバットに登場の架空機「震電Ⅱ」のジオラマです。
以前、披露した作品です。

タミヤ 1/700 空母いぶき を艦ナンバー84の「かが」に変更して改造。
ハセガワ 1/72 エースコンバット震電Ⅱ を空自洋上迷彩で塗装。

F-35B のダウンウォッシュでできた水煙の表現が凝っています。
9月10日 定例会_a0324637_23023063.jpg

次は武田会員の作品
バンダイ RG 1/144 MSM-07 ズゴック
グリーンメタリックをマーブル塗装した物です。
美しい色が出ています。
9月10日 定例会_a0324637_23171048.jpg

次は守田会員の製作中作品
タミヤ 1/12  タイレルP34 
前回から制作中の作品です。

フロントアクスルとロールバーを組み立て終わった段階。
フロントアクスルはきちんとダブルウィッシュボーンのサスペンションが作動します。
しかしリンク類がはめ込み式で外れ易いのと、古いキットなのでプラの劣化で折れないかが心配です。
 この頃はCFRPのシャーシーではなかった時代のマシンですから、ジュラルミンのリベット止めなのが時代を感じさせます。
 これを見るとちょうどヒザの下に消火器があってドライバーはヒザを曲げた状態で固定されてしまいます。はたしてこれで自分で脱出できるのか?心配になったりします。
 前輪が4輪あってもスタビライザーは1本でまとめている構造なのが意外ですね。その上、そのスタビライザーはドライバーのヒザの上を通っているという普通の車では考えられない位置にあります。
9月10日 定例会_a0324637_23212284.jpg

次は鈴木会員
昔のキットです。
タミヤ 1/48 P-47D サンダーボルト

モーターと単三電池でプロペラが回って、おまけにその風力でタキシングするというギミックキットです。流石に古いのでタキシングまではちょっと無理でした。
 ところでその昔、同じく電動でタキシングする1/32の零戦がバンダイから出ていました。が、そっちは尾輪にギアを組み込んでその駆動で動く仕組みでした。当然ギア丸出しでプロポーションは最悪。あくまで「トイ」に近い代物でしたから、このタミヤの方法は理に適っていると言えますね。
9月10日 定例会_a0324637_23392165.jpg

最後は山根会員の持参
第二次世界大戦中のドイツ空軍パイロット用飛行帽の実物です。
9月10日 定例会_a0324637_23451273.jpg
9月10日 定例会_a0324637_23452147.jpg
WWⅡ当時の飛行帽は各国で個性が出る装備品の一つです。
ドイツ軍の場合は写真の通り、イヤーカップが円錐形で上部にゴーグルのバンドを引っ掛ける出っ張りがあるのが特徴です。
(イギリス軍はイヤーカップが円筒形で横に出っ張っていますし、アメリカ軍は割とペタンとした形をしています。)
あと、マイクが咽頭マイクになってる事と、酸素マスクを上から吊るす金具が付いているのも特徴です。

これは皮製で内ボアになった冬季用なのですが、夏季用では布製の物がありました。
それとアフリカ戦線では熱帯用に頭頂部がメッシュになったタイプもありました。

当時の装備写真です↓
9月10日 定例会_a0324637_23452530.jpg
ところで当時のドイツ空軍のパイロットはオシャレな人が多かったせいか、機体を降りるとすぐに飛行帽を脱いで制帽略帽に替えてしまう人がほとんど。なので飛行帽をかぶった写真が本当に少ないです。(逆に当時の日本のパイロットは地上でも飛行帽かぶりっぱなしの人が多かったみたいですね。)
そんな中、下の写真は夏用と冬用の飛行帽が同時に写った珍しいショットです。
縫製や部材は全く同じで、主材が布と皮という違いだけなのがわかります。
9月10日 定例会_a0324637_23453980.jpg
しかしこの飛行帽のサイズは頭囲40cmで、私にはとてもかぶれませんし周りにもかぶれる人はほとんどいません。
やっぱり頭が小さいのは白人の人種特性ですね!
(コスプレでナチスドイツの軍服を日本人が着てもさっぱりサマにならないのは、やっぱり頭の大きさが違うからなんですね。これを見ると実感します!)

次回の定例会は9月24日の予定です。



# by biwakomc | 2022-09-11 00:06 | 模型 | Comments(0)

第22回 びわ湖モデラーズクラブ展示会のお知らせ

 2022年 第22回 びわ湖モデラーズクラブ展示会のお知らせです。

第22回 びわ湖モデラーズクラブ展示会のお知らせ_a0324637_10255027.jpg
 場所:長浜市立さざなみタウン(長浜市立図書館)2階会議室
第22回 びわ湖モデラーズクラブ展示会のお知らせ_a0324637_18213924.jpg
 住所:滋賀県長浜市高田町12-34
 
    
   

 日時:2022年10月8日(土) 10時~17時
        10月9日(日) 10時~17時
        10月10日(月) 10時~16時
 
 ※車でお越しの方はさざなみタウン駐車場をご利用お願いします。
 ※今回会場が2部屋に分かれていますのでご注意下さい(いずれも2階の部屋です)。
 ※感染症対策の為、手の消毒、マスクの着用にご協力お願いします。
 ※会場の要請等により中止する場合もございますので、情報は当ブログをご確認下さい。


# by biwakomc | 2022-08-28 23:05 | 模型 | Comments(0)

8月27日 定例会

 8月末を迎え、早いところでは稲の収穫作業が始まっております。
 昼間は相変わらずの暑さですが、夕方以降は秋らしい涼しさを迎えつつあります。
 新型コロナの感染者も相変わらず多く、健康には気をつけてまいりたいところです。

 定例会に持ち込んで頂いた作品を紹介いたします。

 タケダ会員 バンダイ MG GAT-X-105 ストライクガンダム+I.W.S.P(機動戦士ガンダムSEED) 1/100
8月27日 定例会_a0324637_20525264.jpg
 アニメ「機動戦士ガンダムSEED」に登場する主人公の乗機。多数の武装を装備する事が出来るそうで、画像以外のオプションパーツも豊富との事です。
 また、ガンプラ用の飛行アームで躍動感のあるポーズを付ける事ができるそうです。

 ツチカワ会員 プラッツ ガールズ&パンツァー ヘッツァー 38t改 カメさんチーム 1/35
8月27日 定例会_a0324637_21054568.jpg
 作成中との事です。ガルパン仕様のキットとのですが、アニメに登場したヘッツァーとは細部が違う為、改造を施しているとの事です。具体的には側面装甲のフックがキットとアニメでは形が違うのでアニメ仕様にフックを変更、あと主砲の砲身はアニメでは段付きがあるのでプラパイプを組み合わせて自作中との事です。
 
 ニシノ会員 アリイ? Bf-109E メッサーシュミット 1/48
8月27日 定例会_a0324637_21103195.jpg
 プロペラ部にモーターが仕込んであり、回転させる事が出来るそうです。また、迷彩塗装も筆塗りで頑張ったとの事です。

 マエダ会員 ハセガワ アメリカ海軍 F/A-18E スーパーホーネット 1/48
8月27日 定例会_a0324637_21391520.jpg
 映画「トップガン マーヴェリック」主人公の搭乗機仕様のスーパーホーネットとの事です。キットには映画と同様の装備品が入っていなかった為、アフターマーケットのレジンパーツを使用する事で映画仕様の機体を再現したとの事です。米海軍機特有の塗装の褪色は黒立ち上げの上からエアブラシのみで表現されたとの事。素晴らしいです。
 
 マエダ会員 バンダイ RG 機動武闘伝Gガンダム ゴッドガンダム 1/144
8月27日 定例会_a0324637_21504902.jpg
 キット自体が色分けされており、素組するだけでもこれだけの完成度を出す事が出来るキットとの事です。

 マエダ会員 海洋堂 ゆるキャン△ 志摩リン
8月27日 定例会_a0324637_21565609.jpg
 海洋堂のガチャポンのプラモデルキットとの事で小さいながら精巧に出来ています。制作中との事で、今後ヴィネットとして仕上げていくとの事です。

 ホンダ会員 ハセガワ スウェーデン空軍J35F/J ドラケン 1/72(下) ハセガワ スウェーデン空軍AJ-37 ビゲン 1/72(上)
8月27日 定例会_a0324637_00390279.jpg

 車でも知られたスウェーデンのサーブが開発した戦闘機といえば、ビゲンとドラケンとグリペンの三羽ガラスは有名ですね。スウェーデン空軍を示す独特の国籍マークもついたキットです。
 
同じくホンダ会員 イタレリ スウェーデン空軍 JAS39A グリペン 1/72
8月27日 定例会_a0324637_22053328.jpg
 こちらは塗装中です。
 こうして三世代のスウェーデン空軍の戦闘機が並びますと機体形状が独特な事が分かります。

 モリタ会員 タミヤ グランプリコレクションシリーズ No.25 ウィリアムズ FW13B ルノー 1/20
8月27日 定例会_a0324637_22145144.jpg
 1990年発売の古いキットとの事ですが、デカールの黄ばみ等も見えず、綺麗に仕上げられています。

 モリタ会員 タミヤ グランプリコレクションシリーズ No.58 タイレル P34 1976 日本GP 1/12
8月27日 定例会_a0324637_22202878.jpg
 制作中との事です。キットの箱に「上級者向けキット」と印字されていますが、エンジンを含め部機構も忠実に再現したキット故の事だとか。

なお、タイレルP34は1975年から開発され、F1マシンとしては前例の無い6輪という画期的なレイアウトとして大変有名になった車体でした。残念ながらよい成績は納める事はできませんでしたが、その独特なスタイルの伝説的マシンとしていまだに人気を保っています。

 
 ところで余談になりますが、SF映画スターウォーズに登場する有名な宇宙船のミレニアムファルコンはプロップモデルを作る際に既存プラモデルの部品が大量に使用されていて、その中でもこのタミヤのP34の部品が目立つ場所に沢山使われています。(エンジンブロックとかトランスミッションハウジング)特にタミヤのP34はこの下に1/20のキットもありまして、スケール違いの2種類のプロップモデルを作る事が出来た所以です。
 

ヤマネ会員 アシェット 宇宙戦艦ヤマト アンドロメダ 1/350
8月27日 定例会_a0324637_22284347.jpg
8月27日 定例会_a0324637_00182168.jpg
 隣に置いた600mlペットボトルが小さく見えるほどの大きさのキットです。先日の例会では艦尾部分の作成中を披露しましたが、今回は艦首~艦橋部分までの制作中部分です。この大きさですから完全に組み立ててしまうと塗装やウェザリングが困難になりますので、この段階である程度の下地処理中(パネル塗り分けなど)との事です。電飾ユニットなどもあり、多大な苦労がかかりそうなキットです。


 続きまして、ヤマネ会員が持ち込んだ下さった物品の紹介です。
現アメリカ海軍 F/A-18E スーパーホーネットのスロットルレバーの実物です。

8月27日 定例会_a0324637_00183367.jpg
8月27日 定例会_a0324637_00184476.jpg
 F/A-18Eスーパーホーネットは1999年よりアメリカ海軍で運用されている空母艦載機で現在でも現役の機体です。最近では映画「トップガン マーヴェリック」でも登場し注目の高い機体です(マエダ会員の作例)。
 その機体に使用されているスロットルレバー(エンジン出力を変更する為の操縦装置)の本物との事です。
 F/A-18Eスーパーホーネットは双発機の為、本来スロットルレバーは左右エンジンの2本分があるはずなのですが、残念ながら今回は右エンジン分のみです。
 様々なスイッチが付いていて、スロットルレバーから手を離さなくてもそれらをコントロールできるようになっています。
 ところでアメリカ空軍の現用戦闘機F-15も同じ双発機で同じボーイング社製ですから、スロットルレバーも同じ物を使っていそうなのですが、実際は全く異なる形の物を使っているそうです。同じ戦闘機でも使用目的などが異なるとこういう部分も違ってくるいい例ですね。いずれ機会があったらそちらも持参したいとの事。

 
8月27日 定例会_a0324637_22404739.jpg

↑ F/A-18E スーパーホーネットのコクピット写真(青丸部がスロットルレバー)
8月27日 定例会_a0324637_22480471.jpg
↑ スロットルレバー各部の説明写真

 

次回の会合は9月10日を予定しております。


# by biwakomc | 2022-08-28 22:51 | 模型 | Comments(0)

7月23日 定例会

いよいよコロナも第7波が現実味を帯びてきましたが、
感染に注意して今回も定例会を開催いたしました。
なお今回は6名の参加となりました。

まず本田会員の制作 
童友社 P-51D マスタング 1/32
昔のキットですが、リベットもフルで表現されていて当時のメーカーの意気込みが感じられます。
7月23日 定例会_a0324637_23115075.jpg



次は西野会員
ご存じ、アニメ「紅の豚」より
ファインモールド  サボイアS.21 (前期型) 1/48
モーターを組み込んでプロペラが回ります。
7月23日 定例会_a0324637_23181507.jpg


次は守田会員
タミヤ CBR400F 1/12 (手前)と
アオシマ CB400 スーパーホーク 1/12 (奥側)
例会の直前まで突貫での制作だそうです。
7月23日 定例会_a0324637_23220150.jpg


次は鈴木会員
スタートレックより
バンダイ NCC-1701 エンタープライズ号  1/850

電飾がキット化されていて、エンジンナセルや船窓が光ります。
エンタープライズ号はアズテックパターンと呼ばれる船体パネルの細かい塗り分けが大変なのですが、このキットはそれが最初からプラ部品に印刷されていて手間がかからないと評判でした。(しかしその分、パーティングラインが消せないのが欠点)
残念ながら今は絶版になって久しいです。
7月23日 定例会_a0324637_23253965.jpg
次も鈴木会員
宇宙戦艦ヤマトより アナライザー
一見バンダイのキットかと思いきや、放送当時の野村トーイ製完成品トイです。
電池で走ります。レア品ですね。
7月23日 定例会_a0324637_23401011.jpg


 次は山根会員
宇宙戦艦ヤマトより
アシェット製 アンドロメダ 1/350
建造中の艦尾部分です。
以前、艦首~中央部分建造中を持参しましたが、その続編です。
これで全体の1/3ですから完成品がいかに大きいかわかります。
補助エンジンとそこから伸びるアンテナは如何にも松本メカ!というデザインですね。
7月23日 定例会_a0324637_23420662.jpg
最後も山根会員
第二次世界大戦中の日本の航空機用エンジンとして有名な「誉」がありましたが、
これはそのロッカーカバーの実物です。
7月23日 定例会_a0324637_23471941.jpg
誉エンジンは第二次世界大戦中、日本が連合国側に遅れをとっていた2000馬力級戦闘機用エンジンとして当時国運を掛けて開発された空冷星型エンジンです。
海軍戦闘機としては紫電や紫電改、陸軍戦闘機としては4式戦 疾風のエンジンとして有名です。
裏側にはイカリマークの刻印がありますから、海軍の紫電か紫電改の可能性が高いです。
裏側です。↓(上記刻印は小さくて写りませんでした)
7月23日 定例会_a0324637_23572884.jpg
下は実機の紫電改の写真です。
7月23日 定例会_a0324637_00015391.jpg
航空機用空冷星型エンジンは素人目にはどれも同じように見えてしまいますが
このロッカーカバーには各エンジンの個性が出る所の一つです。
特に誉エンジンには極限まで直径を小さくしようと苦労した跡がこのロッカーカバーに見られます。

次回は8月13日がお盆で忙しいため休会、8月27日を予定しております。









# by biwakomc | 2022-07-24 00:23 | 模型 | Comments(0)

7月9日 定例会

あいにくの雨となりましたが、今日の定例会は9名の参加となりました。
コロナも第7波が始まるとも言われる中ですが、感染に留意しての開催となりました。

まず鈴木会員の作品です。
ウェーブ 66式メーサー殺獣光線車 1/87
映画「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」などに登場

シン・ウルトラマンの映画も上映中でタイムリーな作品です。
砲身、砲塔が劇中同様に可動。
LEDをを仕込んで砲身と砲口が光ります。
7月9日 定例会_a0324637_22555452.jpg
次も鈴木会員です。

往年の名作アニメ スペースコブラより、主人公コブラ。 
紙粘土製のフルフクラッチです。
いつもながら鈴木会員の筋肉表現は素晴らしいです。
サイコガンもかっこいいです。
7月9日 定例会_a0324637_23005546.jpg
次も鈴木会員 
MPC 映画エイリアンより エイリアン 1/9
1979年の映画公開当時に発売されたMPCの伝説的キットです。
体長約20cm
7月9日 定例会_a0324637_23050843.jpg
さらに鈴木会員
バンダイ MG  機動警察パトレイバーより イングラム2号機 1/35

LED電飾キットを組み込んで肩のパトライトが点滅します。
さらにコックピットの照明も点灯します。
7月9日 定例会_a0324637_23083857.jpg
次は土川会員
タミヤ  ドイツ重駆逐戦車 ヤークトタイガー 1/35
以前より制作中だった物です。
下地の防錆塗装とプリシェーディングが終わった段階です。
完成まであと少し?です。
7月9日 定例会_a0324637_23125362.jpg
次は守田会員の作品
バンダイ MG MS-06R-1A ザクII高機動型  黒い三連星オテルガ機 1/100
キットは古い方のバージョンですが、プロポーションは今でも充分通用します。
塗料はクレオスから出ていた黒い三連星専用カラーを使いましたが、古くて固まってしまっていたのでそれを溶かし直すのが大変だったそうです。
7月9日 定例会_a0324637_23165252.jpg

次は山根会員
コトブキヤ  ヱヴァンゲリヲン新劇場版より
 要人輸送用ネルフ司令官専用垂直離着陸機  1/100
7月9日 定例会_a0324637_23271924.jpg
普段はプリシェーディングする所ですが、今回アフターシェーディングの練習用に作ってみたそうです。しかしアフターシェーディング用の塗料濃度ではエアブラシの吹き先がよく見えなくて逆に苦労したそうです。


最後も山根会員の持参。
第二次世界大戦中のアメリカ海軍戦闘機F6Fヘルキャットの射撃照準器 Mark8 の実物です。
7月9日 定例会_a0324637_23411372.jpg
7月9日 定例会_a0324637_23413395.jpg
傾斜計を視界内に装備していて、機体の横滑りがすぐに分かるようになっています。
(横滑りしていると命中しなくなるため。)

元々当時のアメリカ軍は海軍陸軍とも射撃照準器の開発にはあまり積極的ではなく
主にイギリスからの輸入とライセンス生産に頼っていました。
特に米海軍は英国製の物をそのまま装備していたようで、スピットファイアなどの英国戦闘機にもこれと同じ物が搭載されている写真がよく見られます。しかし銘板を見ると「US NAVY」という表記がありますので英国用ではないという事がわかります。

下はレチクル(照準環)を投影させてみた所です。
レチクルの焦点が無限遠になっているのがよくわかる画像ですね。
アメリカ軍では海軍と陸軍とでレチクルのパターンが違う所が面白いです。
7月9日 定例会_a0324637_23541598.jpg
下はF6Fヘルキャットの実機写真です。
(写真ではサンフィルターが付いていますが今回の物には付いていません。実機写真ではこれが付いてない個体も見られます。なのでこれが欠品なのか最初から装備してなかったのかは不明です。)
7月9日 定例会_a0324637_23554305.jpg

次回は7月23日の予定です。











# by biwakomc | 2022-07-10 00:13 | 模型 | Comments(0)