人気ブログランキング | 話題のタグを見る


滋賀で活動している模型クラブ「びわこモデラーズクラブ」です。                    会合を見学希望の方は下リンク「オリオン模型」様へ連絡お願いします。


by びわこモデラーズクラブ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

11月26日 定例会
at 2022-11-27 15:47
11月12日 定例会
at 2022-11-13 19:21
10月22日 定例会
at 2022-10-22 23:46
第22回 展示会
at 2022-10-09 08:31
9月24日 定例会
at 2022-09-25 17:56

外部リンク

以前の記事

2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 05月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 11月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月

最新のコメント

明日ありと 思う心の 仇..
by evrelile1972 at 06:33
残念ながら6日は参加でき..
by maruyon0522 at 22:09

検索

画像一覧

会員のホームページ・ブログ

御機嫌如何(下村会員)
大砲鳥のまったり模型ライフ(前田会員)

9月24日 定例会

 9月末となり、もう半袖では寒いくらいの気温になり、秋らしくなってきました。
 季節の変わり目で体調を崩さないように気をつけてまいりたいところです。
 今回の定例会で1人の方が新規入会して下さいました。今後もよろしくお願いします。
 また、10月8日~10日の展示会前の最後の定例会となりました。展示会に多くの方がご来場される事をお待ちしております。

 定例会に持ち込んで頂いた作品を紹介させて頂きます。

 スズキ会員 タミヤ アメリカ陸軍 カーゴトラック M561 ガマゴート 1/35
9月24日 定例会_a0324637_15404214.jpg
 ベトナム戦争において使用された(実戦配備が間に合わずベトナム戦争には参加していないとしている資料もあります)水陸両用の六輪トラックのキットとの事です。ガマゴート特有の関節シャフトも再現されています。
 荷台に乾電池が載せてあるのが分かりますが、モーターを仕込んであり動かす事が出来るとの事です。

 スズキ会員 ドラゴン キングタイガー 1/35
9月24日 定例会_a0324637_15404450.jpg
 第2次世界大戦でドイツ軍が運用した重戦車のキットです。アメリカ軍に鹵獲された情景をイメージされたのかアメリカ軍兵士のフィギュアとアメリカ軍を示す即席の白星の布が被せてあります。フィギュアの出来もすごいですが迷彩パターンと敵味方識別の為の白星の布の表現が戦場の一場面を想像させる作品になっています。

 
 ツチカワ会員 プラッツ ガールズ&パンツァー最終章 ヘッツァー (38 (t)改)
                             カメさんチーム 1/35
        プラッツ ガールズ&パンツァー カメさんチーム
                          フィギュア3体セット 1/35
9月24日 定例会_a0324637_16070388.jpg
 TVアニメ「ガールズ&パンツァー」に登場するカメさんチーム仕様のヘッツァーのキットとの事です。未完成との事です。キット自体はドラゴンのヘッツァーのパッケージを変えただけの物との事で、アニメに登場するヘッツァーとは細部がかなり違うのでそれを修正するのに多大な労力をかけたとの事です。
 フィギュアの方は1/35の大きさで瞳デカールもついたキットとの事です。瞳はデカールとの事ですが、そもそもこの大きさの塗り分けを綺麗に出来る時点で自分はすごいと思うのですが。

 ツチカワ会員 ドラゴン ACHTUNG JABO ! 1/35
9月24日 定例会_a0324637_16070348.jpg
 
 ドラゴンのドイツ軍フィギュアセットでドイツ軍戦車兵がヤーボ(対地攻撃機の俗称)を見つけた場面のキットとの事です。顔の陰影の塗り分けなど緊迫感の伝わる表情になっています。

 マエダ会員 バンダイ MG 機動戦士ガンダムSEED モビルジン ミゲル専用機 1/100
9月24日 定例会_a0324637_16323533.jpg
 アニメ「機動戦士ガンダムSEED」に登場するミゲル・アイマンというキャラクターの搭乗機。キット自体は通常機仕様のモビルジンですが、塗装をミゲル専用機仕様にしたとの事です。
 何故、ミゲル専用機なのかといいますと、キャラクターボイスが「西川貴教」なので滋賀県民としては西川貴教仕様のモビルジンを作らねばと気合を入れたとの事です(マエダ会員いわくCVが西川貴教でキャラクター名がミゲル。西川貴教が主演の某消臭剤のCMに出てきた子供の名前もミゲル君。偶然の一致もあるものですね)。

 ホンダ会員 ハセガワ アメリカ空軍 F-20 風間真搭乗機仕様 1/72
       ハセガワ アメリカ空軍 パイロット & グランドクルー セット 1/72
       レジンキット 風間真(エリア88)
9月24日 定例会_a0324637_16431030.jpg
 F-20はアメリカのノースロップ社が1980年代に試作したジェット戦闘機で生産数はわずか3機。アメリカ空軍が採用試験において対抗馬のジェネラル・ダイナミクス社のF-16を採用した事。輸出においても採用した国が無かった為にわずか3機の試作機しか製造されなかった幻の戦闘機のキットとの事です。
 漫画「エリア88」の主人公「風間真」の愛機を再現した塗装とパイロットの風間真はレジンキットを使用して「エリア88」の世界を再現したとの事です。

 今回より入会のヤマケ会員 ガレージキット SHOW BY ROCK!! ほわん 1/8
9月24日 定例会_a0324637_22452318.jpg

アニメ「SHOW BY ROCK!!」の登場人物「ほわん」のガレージキットとの事です。髪のグラデーション塗装もすごいですが、面相もデカールを使用せずに筆描きとの事(まともにガレージキットを作ったのはこれが初めてとの事ですが、すごい)。ギターの弦も1本1本糸を張り、弦を押さえる指に合わせて撓ませてあり細かい部分までこだわりの感じられる作品です。

 
ヤマネ会員 アシェット 宇宙戦艦ヤマト アンドロメダ 1/350
9月24日 定例会_a0324637_17061144.jpg
 今、展示会に向けて制作中との事です。
前回より進んだのはパネルの色分けと全体のウェザリングです。パネル色分けだけで2週間かかってしまったそうです。
 写真を見れば分かりますが、とにかく大きさにびっくりします。中は電飾用のファイバーケーブルがびっしりで作成の苦労が伺えます。
キットが大きすぎて動かす事が困難で、さらに通常のエアブラシではコンプレッサーからのホースの取り回しに限界があるため、最近話題のコンプレッサー内臓充電タイプのエアブラシを購入しそれを使用して塗装しているとの事です。(充電タイプエアブラシもなかなか侮り難い性能との事)

 最後はヤマネ会員に持ち込んで頂いた物品を紹介させていただきます。
第二次世界大戦中のソ連軍 イリューシンIL-2 対地攻撃機のメンテナンスハッチの実物です。
9月24日 定例会_a0324637_17145799.jpg
9月24日 定例会_a0324637_17145782.jpg
9月24日 定例会_a0324637_17145757.jpg
 第2次世界大戦でソ連空軍によって運用されたイリューシンIL-2 対地攻撃機のメンテナンスハッチの本物との事ですが、どの部位のハッチなのかは不明。
IL-2には主翼上面にハッチが多数あるため、その内のどれからしいという事。
かなり歪んでいるため、墜落か撃墜された機体の物と推測されます。

面白いのはハッチのロック機構がスライド式になっている点です。
当時、他国の航空機では点検ハッチのロック機構は回転式が普通なのですが、この機の場合、細長い穴の奥に見える金具の2mm程の丸穴に千枚通しのような工具を突っ込んで、中の金具をスライドさせてロックを開閉するというちょっと変わった方式です。
9月24日 定例会_a0324637_17215276.jpg
IL-2 イリューシン対地攻撃機(Wikipediaより)
 機体の頑丈さから「空飛ぶ戦車」の異名を持つ対地攻撃機です。武装は23mm機関砲2門、7.62mm機関銃2門、後部銃座12.7mm機関銃1門+爆装600Kg(主としてロケット弾が搭載されていた)。機体の頑丈さが売りで生存性の高い機体はパイロットから絶大な支持を得ていたそうです。一方、後部機銃座は防弾装甲が無く(機体軽量化の為省略されていた)、敵戦闘機の攻撃を受ける確率の高い後部という事もありパイロットは生き残っても後部機銃手は蜂の巣にされる事が多かったそうです。軍法を犯した懲罰部隊の人間が後部銃座に乗る事もあったいう資料もあるほどです(タンクデサントの兵員とどちらの方が長く生きられたのでしょうか)。ジュラルミン不足から機体一部に木材が用いられています。第2次世界大戦で最も生産された航空機でその生産数は1941年の生産開始から戦争が終了する1945年までの4年間で3万6183機もの数を生産しています(第2位はドイツ空軍のBf109戦闘機で3万3984機、第3位はイギリス空軍スピットファイア戦闘機で2万2997機 アメリカが3位までに入っていないのかという驚きがあります)。
 
 持ち込んでいただいた物品はソ連空軍機特有のロシアングリーンの色がはっきりと分かる貴重な資料になっています。資料を調べた限り第2次世界大戦で最も多く生産された航空機であるにも関わらず現存している機体の情報が出てきませんでした。またカラー写真どころかモノクロ写真自体もあまり見つかりません。
 とても有名な機体ですが、いざ調べてみると意外と資料が見つからず驚いています。

 次回の定例会は10月22日を予定しております。


by biwakomc | 2022-09-25 17:56 | 模型 | Comments(0)