人気ブログランキング | 話題のタグを見る


滋賀で活動している模型クラブ「びわこモデラーズクラブ」です。                    会合を見学希望の方は下リンク「オリオン模型」様へ連絡お願いします。


by びわこモデラーズクラブ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

1月21日 2023年 新年会
at 2023-01-22 03:44
12月10日 定例会
at 2022-12-12 23:53
11月26日 定例会
at 2022-11-27 15:47
11月12日 定例会
at 2022-11-13 19:21
10月22日 定例会
at 2022-10-22 23:46

外部リンク

以前の記事

2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 05月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 11月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月

最新のコメント

明日ありと 思う心の 仇..
by evrelile1972 at 06:33
残念ながら6日は参加でき..
by maruyon0522 at 22:09

検索

タグ

画像一覧

会員のホームページ・ブログ

御機嫌如何(下村会員)
大砲鳥のまったり模型ライフ(前田会員)

4月9日定例会

 気温が上がり春らしくなってきました。
 桜も満開になりお花見を楽しみたい季節です。

 さて、定例会に持ち込んで頂いた作品を紹介したいと思います。
 
 スズキ会員 バンダイ 1/144 HGUC MS-06FS ガルマ専用ザク
4月9日定例会_a0324637_15502498.jpg
古いキットとの事ですが、パーツ毎にランナー色が分けられている他、関節を動かしてポージングを決める事が出来るなどガンプラらしさが見て取れます。

 スズキ会員 バンダイ 1/144 ヒルドルブ
4月9日定例会_a0324637_15502326.jpg
主砲の根本部分にフィギュアが置かれていて、ヒルドルブの大きさがよく分かります。

 

マエダ会員 タミヤ 1/35 KV-2
4月9日定例会_a0324637_15502913.jpg
4月9日定例会_a0324637_15502895.jpg
組立中との事です。砲塔に圧延鋼板特有の筋表現を施しているとの事です。




 ヤマネ会員 レジン製ガレージキット 1/60 グフ・フライトタイプ
4月9日定例会_a0324637_15502929.jpg
4月9日定例会_a0324637_06155683.jpg
 ザク・フライトタイプ試作型?・・なーんてことではありません。(笑)(実際そういう設定があってもおかしくないですが)
 これはバンダイの1/60 PG ザクⅡを使用してグフ・フライトタイプに改造するコンバージョンキットです。海外のレジン製ガレージキットとの事。
 まだ制作中で、胴体と頭部・腕その他が部品調整中なのでこのような姿になりました。(この形のままでもいけそう?)
 グフ・フライトタイプのキットはバンダイ1/144のHGがあるのみですから、1/60は前代未聞のサイズです。
 3Dプリンター製ガレージキットと違ってレジン製ですので部品そのものは削りやすいですが、パーツ精度は市販のプラモデルには及びませんので調整作業は必須、しかも部品点数がとんでもなく多いので大変だそうです。
ゲートも市販のプラモデルとは違い、元の部品形状がわからない程の太さです。
制作にはルーターが必携だそうです。



 続きまして、ヤマネ会員が持ち込んで下さった物品を紹介させて頂きます。
 日本のJAXA H-ⅡBロケット3号機 フェアリングボックスの一部(実物)
4月9日定例会_a0324637_15503360.jpg
4月9日定例会_a0324637_15503329.jpg
4月9日定例会_a0324637_15503382.jpg
 フェアリングボックスとはロケット先端部の貨物を保護する為のカバーの事で、中の貨物を打ち上げ時の衝撃や熱から守る事を目的としています。
4月9日定例会_a0324637_16312520.jpg
   人工衛星を囲う黒い壁のようなものがフェアリング(画像引用 wikipedia)
 H-ⅡBロケットは大気圏を脱出後にフェアリングは分離して廃棄され太平洋上に落下します。
これはそれを回収したもので、実際に打ち上げに使用された物の一部という事になります。
 なお「ハニカムサンドイッチ」という航空機によく使用される仕組みで、蜂の巣のような六角柱状の構造を2枚の平板で挟んだ形になっています。
 持ってみますと金属部品とは思えないほどの軽さです。


 次回の会合は4月23日を予定しております。

by biwakomc | 2022-04-10 17:06 | 模型 | Comments(0)